DUCKTAIL CLOTHING WABASH STRIPE PAINTER PANTS "RAILROAD PANTS" INDIGO(ONE WASH) ダックテイル クロージング ウォバッシュストライプ ペインターパンツ ワンウォッシュ

¥ 16,280

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※この商品は送料無料です。

通報する

DUCKTAIL CLOTHING
WABASH STRIPE PAINTER PANTS
"RAILROAD PANTS" INDIGO(ONE WASH)

price :¥14,800-+tax

ウォバッシュストライプの生地を使用した、RAILROAD JACKETとセットアップのペインターパンツ。

Wabash Stripe(ウォバッシュ ストライプ)とは
Wabash Stripe(ウォバッシュ ストライプ)という名前の由来は、1903年に初めてこの柄を発売した「J.L. Stifel Co(シュティフィル社)」のあるアメリカ・インディアナ州と隣のイリノイ州との境界にあるWabash Riverいう川から名付けられたとされており、「Wabash(ウォバッシュ)」とはフランス語で川の名前である「Ouabache」を英語風に綴ったもので「白く輝く」、「純白」、「白い石を流れる川」といった意味がありそのウォバッシュ川の流れをイメージしてデザインされたと言われています。

1900〜1920年代頃のワークウェアに多く使われていたものの、その作る工程の煩雑さから大量生産には向かず1940年代以降は次第に姿を消していった幻のテキスタイル。
この生地を使ったワークブランドは様々ありますが、vintage市場では最も出にくいアイテムの1つとなっています。

ディテール、シルエット
1930年代頃、機関手など鉄道員達に愛用されていたという当時のディテールを盛り込み、股上を深く設定し、シルエットも太めに仕上げました。

そして、股下は短めに設定。
少し下げて履くとロングパンツとして、春や秋、夏に少しロールアップして履くとクロップドパンツとして爽やかに履きこなして楽しめる1本。

ジャケット同様、ワンポイントロゴ刺繍のみ。

シンプルが故に、日々の時間の経過と共に変わっていく表情を楽しんでいただきたい1着です。

また、1900〜1940年代に見られるテキスタイルながらストレッチデニムを使用しており、ストレスを感じる事なく着心地も抜群。

vintage×現代技術

見た目の良さや細部のディテールは勿論、着心地にもこだわったシンプルかつベーシックなペインターパンツは、シンプルが故にセットアップでリリースのジャケットだけでなく、様々なトップスに合わせて幅広く活用していただけます。

サイズ(ウエスト/股上/股下/ワタリ/裾幅)
38(M):87cm36cm64cm36.5cm25.5cm
40(L):91cm37cm66cm37cm26cm
42(XL):95cm38cm68cm37.5cm26.5cm